日野市豊田商店会『わくわく市』

2015-06-03

桜の季節があっという間に終わり、東京の花舞台はあじさいに代わりました。
連日の「夏日」で夏本番を迎えたような5月31日、東京都日野市豊田駅前南口の特設会場で開催された日野市豊田商店会の『わくわく市』に当社も参加させていただきました。
東京都日野市は東京都の南西部に位置しており、甲州街道の宿場町として栄えた街です。
また、新撰組の副長であった土方歳三の出身地としても有名な歴史ある街でもあります。

この日は、地元の農家さんの朝どりトマトなどの野菜即売や、フリーマーケット、模擬店など様々な催しが開かれていました。
ヨーヨー釣り、スーパーボールすくいにクジ引き・・・お祭りの雰囲気に子どもだけでなく大人もワクワクしますよね。
そんな『わくわく市』に集まった100人を超えるお子さん達に、さらに楽しんでもらうため「いい部屋ネット」のカラー風船をプレゼントさせていただきました。
輝く太陽と青い空の下、色とりどりの風船を持ったお子さん達の笑顔でさらににぎわっていました。

追加写真1

「風船くださ~い」と元気よく駆け寄ってくれた姉妹や、
「黄色い風船ありますか?」と勇気を出して聞いてくれた男の子、
「どの色にしようかな~」と迷ってお気に入りの色を決めた女の子など、
お子さん達の楽しそうにしている姿を見て、成人した娘と高校生になった息子の小さい頃を思い出し愛おしく感じました。

0530

普段はなかなか地元の方たちとこういった催しでふれ合う機会がなかったのですが、今回『わくわく市』に参加し、こんなにも元気で明るいお子さんがたくさんいるのは地域の宝だとしみじみ感じました。
子ども達を育てるのは親だけでなく、私たち大人全員の役目だなということも再認識しました。
私自身は子どもも大きくなり子育てが落ち着きましたが、これからは地域の子ども達の笑顔を守っていくために、当社としてできることを地域の皆さんと一体となって、この街に住まう皆さんのために少しでも進めていきたいと感じました。

日野市豊田商店会の方々、地元の皆さんありがとうございました。

育ママ情報

ママ
  • 名前:H.Y
  • 入社:2008年
  • 部署:建築営業課(支店)
  • 地域:東京都
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

165 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード