育児・家事と仕事の両立

2020-07-30

仕事に復帰して2年が経ち、1歳で保育園に入園した息子は4月から年少さんになりました。

息子と一日一緒にいると、とても長く感じるけれど1年経つのは早いです。
仕事復帰直後の息子は、夜は寝ないし朝はご飯を食べないし、保育園へ行かないとぐずり大変でした。
今思い返せば、懐かしく寂しい気持ちになります。

仕事は、短時間勤務制度を利用し、同僚の皆さん、支店の皆さんに助けられながら育児・家事と両立しています。
仕事をする上で、必要不可欠なのは家族の育児への参加です。
我が家は夫と3人家族なので、夫の協力が必要です。
親になってまだ3年。もがきながらですが親子で一緒に成長しています。

01

私がしている家事の時短は”物”を持たない事。”物”が少なければ片付けに要する時間は少なくなります。
家電製品の有効活用もおすすめです。
お掃除ロボットを使うと、床に脱ぎ捨てられた衣類や散らばったおもちゃを所定の場所に戻すため、以前より直置きしなくなりました。
おもちゃを片付けない息子は「やめて~食べないで」と言いながらブロックを片付けるようになり、おもちゃは一軍と二軍に分けて収納しています。

02

最近、公園からの帰りや仕事で疲れてしまった日などはファーストフード店に寄り道をして、息子とアイスやポテトを食べています。
無添加・無着色でオーガニック好きな方には怒られそうですが、体への影響は承知の上で『これが現実だよね』と自分を甘やかし、一休みすることで気持ちをリセットしてから、また頑張るようにしています。

育ママ情報

ママ
  • 名前:K.M
  • 入社:2007年
  • 部署:業務課
  • 地域:新潟県
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

256 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード