頑張る母の背中を見せるだけ

2020-03-12

大東建託へ入社して1年8か月。
入社当時、娘は中学3年の受験生。
しかも、入社が決まった直後、あみだくじでPTAの委員長に任命されてしまった!

今思えば、「なぜこのタイミングで就職した?」と自分をどつきたくなるが、働いてみて、初めての営業職が思った以上に楽しくなってしまったからどうしようもない。
受験生の母とはいえ、娘の受験であって「私がどうこうできるものでもないし〜」という気持ちで仕事に没頭。
朝から夜遅くまで殆ど不在の母親となった。

娘は小さな頃から親への執着が激しく、マンション下のゴミ捨て場に行く一瞬すら一人になることを許してはくれず、小学校の廊下では先生に私からひっぺがされて号泣するような子供だった。
そんな娘もいつしか私から離れ、中学では部活動の部長を務めるまでに成長した。
この成長に大いに貢献したのは、娘が小2の年末に飼い始めた雌犬の『チョコ』である。
いつでも仕事に没頭してしまうダメな母親の代わりを立派に果たしてくれた。
この時の、絶対的に必要とされる経験が、娘を大きく自立させたのかもしれない。

娘の成長とは裏腹に、母はいつまでも成長できず・・・睡眠を削って家事を試みるも、取り込んだ洗濯物の山、溜まった洗い物、疲れ果ててソファーで眠ってしまうような日々。
見かねた夫からは転職を勧められ、娘の食生活も気になっていた。
結局は家事も育児も仕事もどれも中途半端。うまく三立できない自分に苛立ちながらも家族に「もう少しだけこの仕事を続けさせて欲しい!」と懇願した。

初挙績後、態勢は一転、家族は私の応援団となり、努力が実を結ぶことを目の当たりにして深く感動したと言ってくれた。
その後は、契約の度に我が家では歓喜のウェーブが起こるようになった。

また、以前は家事を全くしなかった夫が自ら手伝いを買って出てくれるようになり、JKの仲間入りを果たした娘も細々とよく気がつき沢山お手伝いをしてくれるようになったので、本当に有り難いと思っている。

「ダメな母親の子供は、しっかりしてくるものである!これまた育児なり!」で、私の家事・育児・仕事の三立は、まだまだ5段階評価の「1」にあるけれど、しばらくそこには目を瞑り、先ずは協力してくれている応援団に、夏のハワイ旅行をプレゼントするため、やるぞ、やるぞ、やるぞー!!

育ママ情報

ママ
  • 名前:W.M
  • 入社:2018年
  • 部署:建築営業課
  • 地域:千葉県
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

243 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード