子供と一緒に

2020-02-06

子供が1歳になると同時に、保育園へ預けて仕事に復帰しました。
慣らし保育をした復帰前の1ヶ月間は、不安と緊張の毎日でした。
子供がなかなか保育園に慣れず、登園の時は保育園に近づくと顔が強ばり、駐車場に着いた途端に泣くという日が続いたからです。
保育園から『泣いていてお昼寝しないから』と、お迎えコールが来たこともありました。
復帰する日が近付いているのに保育園に慣れない子供・・・保育園に預けるのは早すぎたかと、焦り悩む日が続きました。
慣らし保育も終盤になった頃、保育園の先生から『◯◯ちゃんは頑張っていますよ』と言ってもらい、子供なりに少しずつ成長していることを心強く感じました。

写真1

復帰してからは急な発熱や病気で早退したり、休みが続いたりして、職場には大変迷惑をかけてしまいましたが、子育てに理解がある職場のお陰で、仕事を続けることが出来ています。

短時間勤務制度を利用していますが、残業でお迎えが遅くなる日もあり、その時は『お迎え遅くなってごめんね。待っててくれてありがとう!』と声をかけるようにしてます。
それでも、『ママはお迎え遅いからイヤ!』と言われることもありますが、働いてるママが通る道かなと思ってなるべく深く考えないようにします。

先輩ママから『子供が小さいうちは体力を使うよ!大きくなってからは精神力が鍛えられるよ!』と言われました。
精神力が鍛えられる日はまだまだ先ですが、子供と一緒に成長出来るように仕事も子育ても頑張ります。

育ママ情報

ママ
  • 名前:S.Y
  • 入社:2003年
  • 部署:業務課
  • 地域:佐賀県
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

243 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード