頼りっぱなしの日常

2020-01-30

入社して早1年。
最寄り駅よりも近い距離にある支店に配属されて、以前よりも通勤時間を大幅に減少させることができました。
社内でも帰る時間は配慮いただき、課内朝礼で帰社時間を宣言しています。
私も多少の残業はできるよう調整していますが、「帰らなくていいの?」など、声をかけいただくことも度々。
色々と気を使っていただき、とても働きやすい環境で仕事ができることに感謝の言葉しかありません。

3.青木さんと

夫婦とも両親が遠方のため頼ることはできません。
主人には週2日フレックスを利用してもらい、保育園・学童のお迎えをお願いしています。
更に、我が家にはもう一人欠かせない存在が・・・私の母の高校の同級生である『青木さん』、他人のおばあちゃんです。
偶然、我が家と同じ町内に住んでいた青木さんを母が紹介してくれました。
急な残業や娘が通う小学校が振替でお休みになったの日の朝などは、青木さんに学童まで娘の送り迎えをお願いしています。
その上、夕食をごちそうになることもあり、青木さんにはとにかく感謝の気持ちでいっぱいです。
息子も『おばあちゃん!』と言うほど懐いています。

2.上履き洗う娘

食事の支度も頑張りません!
我が家の隣には大きなスーパーがあるので、疲れた時は子供と一緒にお惣菜を買いに行きます。
毎週金曜日の夕飯は外食です。
子供たちにも自らできることはやってもらい、頼れることは頼って日々過ごしています。

娘の将来の夢は『現場監督』、息子の将来の夢は『ママと一緒の仕事』。
私の働く姿は、子供たちに否定されていないと信じて働き続けます!

育ママ情報

ママ
  • 名前:H.A
  • 入社:2018年
  • 部署:設計職
  • 地域:東京都
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

236 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード