家族と過ごす時間

2019-08-22

出産して1年4カ月、職場復帰して4ヵ月が経ちました。
育休期間の1年2カ月間は地域のコミュニティに参加してみたり、近くの公園に遊びに行ったり、一緒にお昼寝をしたり、毎日時間に縛られることなく過ごしていました。

2カ月前に職場復帰をするため、息子を保育園に預けることに。
小さい頃から保育園に預けて可哀想かな?という迷いがあり、見学に行った保育園の先生に正直に打ち明けると、「小さい頃から家族以外の人と関わることはとてもいいことですよ。毎日たくさんの刺激を受けることが成長に繋がります。可哀想なことではありませんよ。」と教えていただき、心がとても軽くなりました。

育児と仕事の両立生活が始まってみると・・・
毎朝、保育園へ息子を預けてくれる旦那。
毎日離れるとときに号泣していた息子は、今では保育園に到着すると元気に手を振ってからおもちゃに直行!(たくましくなりました)
友人と遊びに行きたいとき、息子を預かってくれる両親。
保育園から職場に電話がかかってきたときに、「家族優先だよ!」とすぐに帰らせてくれる上司・同僚の皆様。
たくさんの方に支えられながら充実した日々が過ごせています。
本当に感謝でいっぱいです。

写真1

平日は仕事が終わってから子供が寝るまでノンストップです。
育休時と比べると子供と遊ぶ時間が減ってしまったので、家族みんなが揃う週末が毎週楽しみです☆

育ママ情報

ママ
  • 名前:O.S
  • 入社:2013年
  • 部署:不動産事業企画部(本社)
  • 地域:東京都
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

224 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード