朝5時起床。忙しい1日のはじまり。

2019-07-18

今春、やっと一番下の子供が高校生となり、何度も全国優勝を経験していて実力がある吹奏楽部に入部しました。
これから365日お弁当作りだと思うと(涙) 
でも、最後のお弁当作りになると思い、気を取り直して気合いを入れました。

4長女

私は高校生の時に両親が離婚して、20歳の時に母が病気になり勤めていた会社を退職して家業を継ぎました。
母、寝たきりの祖母、中学生の妹を1人で養って、10年後に養子に来てくれる人と結婚しましたが、夫は働くことの嫌いな人でした。
その後、家業の会社を畳み、3人の子供を引き取って離婚しました。
当時、長女は中学生、長男と次男は小学生でした。

4長男

大東建託への入社は、高校3年生になった長女から「やっぱり、私も大学に行きたい」とお願いされたことがきっかけです。

入社後は、私を待ってくれているお客様を探し続ける日々。
子供たちのために足を止めることは出来なかった。
入社から半年後に初めての顧客様となってくださった、とても素敵なご夫妻に出会うことが出来ました。
ご夫婦は私を娘のように、子供たちを孫のように可愛がってくださいました。
ご主人様はご病気を患われていたので、私に相続対策を託される際
「俺が死ぬまでは、付き合ってくれるかい?」
『もちろん!でしょ!』
「俺が死んだあとは、妻が死ぬまで付き合ってやってくれるかい?」
『もちろん!でしょ!』
と、2人で半分ふざけたように笑いながら語り合ったこともありました。
出会ってから約1年半後、完成した建物に入居いただき、そしてその半年後、ご主人と永遠のお別れをしました。

このように、大切な資産や大事なご家族の将来を託される仕事に今日も胸を張ってインターホンを押します。
「こんにちは。大東建託です。」

育ママ情報

ママ
  • 名前:A.C
  • 入社:2014年
  • 部署:建築営業課
  • 地域:東京都
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

228 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード