2人はママの応援団

2019-06-13

2018年6月に営業職として大東建託に入社しました。
現在、4歳の息子と2歳の娘の母です。

入社当初は目標の訪問件数をこなすことや、日中会えないお客様に会いたいと思う気持ちで残業して、子どもたちのためにがむしゃらになって働いていました。

写真1

朝は7時半に家を出発して、子どものお迎えは夜8時。
晩御飯まで保育所にお願いしていたので、子どもと接する時間は朝の30分と夜のお風呂・寝かしつけの絵本タイムだけ。
子どもたちとかかわる時間が前職の時よりぐっと減り、負担をかけてしまった結果、癇癪を起こすようになり、ご飯も食べず毎日ママの怒る声と、子どもの泣き叫ぶ声が家中に響き渡っていました。

このままではいけないと思い、地域のマネージャーが女性で、話しやすかったこともあり相談して、たくさんのアドバイスをいただいたり、直属の課長や支店長にも支えていただいたことで、また頑張ろうと思うことができました。

当時「平日の日中にできることをすればいい」と課長からアドバイスを貰いました。
会えるお客様と仲良くなり信頼関係を築くことで他の営業マンより時間はかかるけれど、それは無駄にはならないと信じて行動しています。

写真2

定時に帰り一緒に食卓を囲み、休みの日は公園やプチ旅行に出掛ける等、子どもたちとの時間を増やし、お互いに笑顔で過ごせるようになりました。
今は『ママ、お仕事頑張ってね。待ってるよ。今日もお疲れ様。』と応援してくれる2人に支えられています。

育ママ情報

ママ
  • 名前:M.M
  • 入社:2018年
  • 部署:建築営業課
  • 地域:石川県
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

209 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード