育児期間?あっという間の出来事だね

2019-05-16

今から11年前、離婚を機に大東建託に入社しました。
当時は、長男が小学3年生、長女が小学1年生でとにかく子供たちを育てていかなければならないという一心でした。

入社後は、課長も同僚のみんなも子供の学校行事などで会社を休むことに対し珍しく(?)寛大だったこともあり、良い環境で働くことができたことに感謝しています。

私の場合、両親が家事を協力してくれたので助かりましたが、それでも、家事・育児と仕事の両立は大変でした。
仕事か育児かで悩む必要は無く、良いとこ取りで良いんです。
家事も育児も母親1人だけでは大変だと思うので、少しでも負担を減らすために育休や時短勤務など会社の制度を大いに活用して、甘えられるところは甘えて良いと思います!

私は、家事に関しては手抜きしかしないので、食洗機や洗濯乾燥機は必須です。
子供たちが大きくなれば手伝ってもくれるし、今思えば育児期間は本当にあっという間でした。

我が家は、子供たちが母親の一生懸命に働く姿を見てくれていたからかはわかりませんが、反抗期もなく(気づかなかっただけかも・・・)逆に子供たちが私を気遣ってくれて、2人とも素直で優しい子に育ってくれました。

ライブ

現在は、子育ても一段落して友達親子みたいな関係でとても仲が良いです。
大好きなバンドのLIVEやフェスで一緒に暴れることがストレス解消になっています!

最後に私が働くママで良かったと思うことは、お客様と子育ての悩みや喜びを共有できることや、あるあるの話で盛り上がって楽しむことが出来ることです!

育ママ情報

ママ
  • 名前:S.M
  • 入社:2007年
  • 部署:大東建託リーシング
  • 地域:山梨県
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

204 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード