時間は長さではなく、深さです。

2018-07-26

我が家では旦那さんが保育園の送迎や急な呼び出しの対応、食事の支度までしてくれるので、旦那さんの協力無しでは我が家は回りません。本当に感謝しています。
どうしても私より旦那さんと一緒にいる時間が長くなるため、生粋のパパっ子が出来上がりました。

何をするにもパパがいい。パパじゃなきゃいやだと言って私が手を出すと泣く始末。
お風呂・ドライヤー・歯磨き・トイレ・車内で隣りの席に座ろうとしても、ぜーんぶ私は拒否されるため、さすがに落ち込みます。
そんな様子を見ていた旦那さんに一言「一緒にいる時間の差だ」と指摘され、ますます落ち込む私。

このことを会社の先輩ママさんに愚痴をこぼすと呆れられるかな?と、不安に思いながら話を聞いてもらうと「保育園の先生が時間は長さではなく深さですと言っていたよ。」という言葉が・・・。
その言葉が心に刺さった私は、耐えきれなくなってトイレで泣いてしまいました。
自分では気が付かないうちに、自分自身を責めていたみたいです。
それからは、ちょっとズルいですが、好かれるために少々甘やかしながら(笑)今まで以上に娘との時間を大切にするようにしています。

私には他の育ママさんのように紹介できる家事の時短テクニックやアドバイスは何もありません。
でも、頑張るときは頑張る!頼るときは頼る!と言った感じで、普段から家族や同僚とお互い助け合えるようコミュニケーションをとるように心掛けています。

育ママ情報

ママ
  • 名前:H.N
  • 入社:2002年
  • 部署:業務課
  • 地域:静岡県
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

215 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード