4世代で暮らした実家

2017-12-14

入社した時、息子は8歳娘は6歳でした。
その頃、離婚して実家へ戻ってきたので子供たちからすると曾祖母も健在で両親と合わせて6名で賑やかに生活していました。

おせち4

みんなの誕生日にはお祝いして、季節ごとの行事も家族が多いとやりがいがあります。
4世代で生活しているため、気兼ねすることもあったり、いざこざもしょっちゅうありましたが子供たちにとっては素晴らしい環境でした。

チキン2

何よりも家族みんなで仕事をする私を支えてくれたから、設計の仕事を続けられたと本当に感謝しています。
日曜日たまに昼間寝てると「仕事は?」って言われるくらい(笑)

出産前までは、私は子供があまり好きではなかったです。
いざ子供を産んでみると、自分の子供は別でした。(ヨカッター)
子育てをするにはガマンも忍耐もあきらめも必要です。
以前の私はそんなことはゴメンだと思っていましたが、親としての姿勢が大事な時期があることを知りました。
人間は変わるものですね。
子供たちに親としての自覚を芽生えさせられた気がします。
今は未熟な自分には子育てが必要だったんだなぁと改めて思います。

祖母が亡くなり、息子が県外の大学に行き続いて娘も県外の大学へ、その次に私が県外へ転勤となり今、実家は両親だけとなってしまいました。

会社の制度も子育て・介護等と充実しました。両親に何かあれば私が介護のために実家へ戻る日が来るかもしれません。
その日までは、仕事もシングルライフもめいいっぱい楽しもうと思います。

育ママ情報

ママ
  • 名前:H.S
  • 入社:2005年
  • 部署:設計職
  • 地域:長野県
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

143 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード