私の応援団

2017-10-26

先日入院・手術のため3ヵ月弱会社をお休みしていました。
身体に障害がある私には“また”ですが、日頃から「1日が48時間あればママとゆっくりできるのに~」と嬉しいことを言ってくれる10歳の息子には離れ離れで寂しい想いをさせてしまいました。

私の心配をよそに息子は心身共に大きくなっていました。
学校の運動会では自分から応援団に立候補しツライ練習やケガにも耐えて運動会で頑張る勇姿を見せてくれたり、料理が出来るようになっていてビックリ!

「ママに作ってあげる~!」とキッチンへ行って、ゴソゴソ、シャカシャカ、ジュ~♪ スクランブルエッグやバ-ニャカウダ、ス-プなどを作ってくれます。
愛情が加味されている?魔法の調味料でも使ったの?と思うくらい、どんな高価な料理よりもとてもとても美味しかったです(涙)

写真21

主人は料理がまったく出来ない人なので「誰に習ったの?」と聞くと「暇な時にタブレットを見て作ってみたんだぁ~。」「ママが退院してきたら作ってあげようと思って!」と息子に言われて喜びもひとしお。
タブレットで調べるとはさすが今時の方法ですね。

あわよくば会社から帰ってきたら「おかえり~!ご飯の支度しといたよ!」と晩御飯ができていることも、遠い夢ではないかもと淡い期待をしています。

そんな中、体調を気遣い支えてくれる家族や支店の方に感謝を忘れず、これからも仕事・育児・家事に頑張りたいと思います。

育ママ情報

ママ
  • 名前:T.H
  • 入社:1999年
  • 部署:業務課
  • 地域:愛知県
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

154 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード