仕事と家庭の両立

2017-09-14

子供は20歳、18歳、16歳の3人で男女男です。
子供が小さいころの仕事は、全国色々なところに出向きドラッグストアーの店舗立ち上げをしていました。
母子家庭だったので子供を母に預け家に帰らない日が殆どでした。

父親が癌を患い母が看病することになって今までのように子供たちの面倒を頼むことが出来なくなり、仕事を辞めて地元に戻りました。

もともと接客業は嫌いではなかったので、地元で居酒屋を開店し商売を始めました。
最初は結構儲かっていましたが徐々に暇になりこのままでは子供に迷惑を掛けてしまうと思い、大東建託にお世話になることにしました。

今は、毎日新しい仕事やお客様に出会い色々と勉強させていただいき、楽しく過ごしています。

子供が小さい頃は長男は荒れて暴れることが多々あり、その度、逃げることなく正面からぶつかっていきました。
我が家には父親がいないので父親としても頑張ることがしばしば。
このような状況は数年続きましたが、今では息子と楽しくお酒を飲みながら話をすることが出来るようになりました。

写真21
子供が困っているときは全力で助ける。
学費が高い学校に行っても頑張って稼いで好きなようにしたらいいと応援する。
したいことがあると相談を受ければさせてやれるように努力する。
たくさん苦労し泣きたいことばかりでしたが、いつも子供には「したいことがあるなら全力でやりたいようにやるんやで、ママがいつも応援したるからな!」と言って人生は1回きり、悔いのないように生きるんやでって応援しています。

人から見ればちょっと派手な子供たちかなぁ~と思いますが、将来のことから些細なことまで何でもたくさん話し合っています。
誕生日やクリスマス・母の日などは手紙を書いてくれたりと、自分たちの出来ることで感謝の気持ちを伝えてくれます。

写真32
よく会社の人たちに「家庭と仕事の両立は大変でしょ??」と聞かれますが、家事はよくサボりますし、お酒を飲んで酔っ払って帰ることも多々あります。

一生懸命やる時は全力でやり、休むときは休む。
子供たちが一生懸命頑張る姿を見ていると思うので、いつか笑いながら話せる日が来ます。

価値観は人それぞれだと思いますが、私は仕事と子育ては同じで全力でぶつかる事が大事だと思っています。
暗い顔はしないで毎日笑って子供やお客様と接しています。
仕事も子育ても楽しいと思えるように努力することが大事。
その為に何をしなければならないかということを自分なりに考えて行動しています。

仕事をしながらの子育ては四角四面に考えずに「何とかなる!!何とかしよう!!」と思えば少しは楽しく出来るのではないでしょうか?
人生は一度きりなので全力で逃げることなく楽しんで生きていれば何とかなります。

育ママ情報

ママ
  • 名前:H.T
  • 入社:2012年
  • 部署:建築営業課
  • 地域:兵庫県
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

143 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード