「育児」は「育自」

2017-03-16

シングルマザーで2人の娘を育てて11年になります。
当時思春期全盛期の14歳の長女はよく熱を出し、6歳の次女を抱え実家を
頼れない環境で、仕事は朝早くから夜遅くまでかけもち、休みなしで働くことは
本当に大変でした。

「親の勝手」で娘達に淋しい想いばかりさせ、色々な事で我慢ばかりさせて
しまっているコトへの申し訳ない想いや、病気の時も傍についていてあげられない
状況が一番辛く、自分自身「仕事、家事、育児」のバランスに苦しみ、
「情けない母親」と自分を責めては通勤の時に車中でよく独りで泣いていました。

それでも「絶対にお弁当は作る!」「ケンカの後でも寝る前は必ず『ハグ』をして
『今日もありがとう』と伝える!」「何があってもママは絶対味方!いつも一番大切に
想っていると伝える!」この事だけはずっと続けてきました。

昨年長女の結婚式で「いつもおいしいお弁当ありがとう。いつも『大丈夫、大丈夫』と
どんな時にも味方でいてくれてありがとう。ママの『ハグ』はいつも私を元気に
してくれました。」と娘が涙ながらに読んでくれた手紙に私も涙が止まりませんでした。

「育児」は「育自」とよく言われますが、本当にそうだと思います。
周囲の方の暖かさに支えられ、娘達の明るさ優しさに助けられ、こんな私でも
なんとかやってこれました。
これから全ての方への「感謝」を忘れる事なく、また家族にハワイ旅行を
プレゼント出来る様に頑張ります。

育ママ情報

ママ
  • 名前:K.Y
  • 入社:2013年
  • 部署:建築営業課
  • 地域:大阪府
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

172 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード