徒然なるママに。

2015-03-05

仕事と子育ての両立は常に時間との戦いです。

自立心が芽生えてきて何でも自分でやりたがる3歳の息子の“やる気”を大切にしてあげたいと思いつつ、毎朝息子を急き立ててご飯を食べさせ、着替えをさせ、保育園に送り届けてダッシュで駅まで向かう毎日。

保育士さんから、自分の思い通りにならない時は、難しい表情をして眉間にしわをよせたり、「時間がないから早くして」「急いで!遅刻しちゃう」とお友達に言っていますよと言われ、ギョッとしました。

私自身、仕事中時間に追われてイライラしている時、『眉間のしわ』を周囲から指摘された事が何度かありました。
きっと家でも眉間に皺を寄せながら家事をしているのでしょう。


反省・・・。


子供は親の行動も怖いくらい観察しています。
保育園の帰りにコンビニでジュースを1つ買うことが日課で息子は自分のジュースを選んだ後、「ママのジュース」と言って私のお気に入りの銘柄を間違えることなくビールを1缶持って来てくれます。
同じ保育園のママ達と一緒の時は苦笑いするほかありません。

『子供に「こうなって欲しい」と思ったら、まずは自分がそういう人間になるように努力しましょう』と育児本に書いてありました。

自分が出来ないから、子供に託したいと思ったりするのですが、そんなに都合良くはいかなという事ですね。


“子供の振りみて我が振り直せ”

働くママは、今日も頑張ります。

育ママ情報

ママ
  • 名前:H.R
  • 入社:2003年
  • 部署:購買部(本社)
  • 地域:東京都
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

170 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード