会社生活11年と子育て

2015-10-08

2004年7月1日にお客様のお部屋探しのサポートをする賃貸営業職として入社しました。
当時長女は6歳、二女は4歳。
朝は寝ぼけたままの娘達にご飯を食べさせ、登園準備をしながら車に乗せ、保育園へ。

他支店へ転勤になり、自宅を出るのは6時15分。
朝食をテーブルに置いて、子どもを起こした後出社し帰りは夜の10時。その間、娘達を面倒をみていてくれる祖父母宅に迎えに行く生活が6年間続きました。
親子のコミュニケーションがとれる時間が少ない中、娘達が「美味しい!」と言ってご飯を食べてくれることが励みで、休日に娘達の好きな食事を作るのが母としての幸せを感じる時間でした。

娘達が自宅を旅館に見立て、『ママが何もしなくてもいい日』を企画してくれたことがありました。手作りの飾りや食事のメニューで旅館の雰囲気を演出し、手作り料理でおもてなしをしてくれて心から頑張ってきてよかったと感じた瞬間でした。

今は娘達も大きくなり、時間に余裕ができました。
私に時間ができたと同時に今度は娘達が学校生活やアルバイトに忙しくてすれ違いの時間も沢山あります(涙)
「夕食は要らないよ」と言われることもしばしば。
しかしついつい喜びそうなメニューを作り置きしてしまいます。
もちろんお弁当も毎日欠かさず作っています。
「美味しい」って言ってくれるのを期待して(笑)

reKR

そんな思いをよそに、成長した娘達はそれぞれ反抗期や思春期を迎えて私にあまりかまってくれません。
これから独り立ちしていく娘の姿に寂しく思う反面、一緒に買い物に行ったり、仕事でくじけそうになったとき良い相談相手になってくれたり娘達との関わり方も変わってきて、成長を感じています。
シングルマザーで仕事をしながらの子育て、充分にかまってあげる事が出来ませんでしたが、娘達の存在が仕事の励みです。
会社には働きながら子育てをしている同じ境遇のママたちがたくさんいます。
大変な場面もありますが、そんなママ達が皆一生懸命働いているんだということも私の励みになっています。
全国の育ママさん一緒に頑張りましょう!

育ママ情報

ママ
  • 名前:K.R
  • 入社:2004年
  • 部署:建築営業課(支店)
  • 地域:新潟県
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

143 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード