「お気楽ママ」でも大丈夫

2015-10-01

振り返ると・・・
育休明け当時は子供が寝ている間に家を出発し、帰ると寝てた・・・という時期が続き、「仕事を続けて良いのか?」「子供は幸せか?」等々・・・ママさんあるあるで葛藤していました。

9時に寝かしたいのにご飯を食べさせていたり・・・
読み聞かせしたいのに先に寝てしまったり・・・
話をゆっくり聞いてあげたいのに『はいはい、わかった、わかった』と切り上げたり・・・
いろんなできない事をあげては悩んでいました。

そんな時、当時の園長先生に『大丈夫!手作りおにぎりさえ作ってたらちゃんと育つよ、子供は小さくても親の事をしっかり見てるよ』との言葉をいただき、「頑張るママ」をやめました。
「できない事」をあげるのはやめて、やるべきことはやり、頼れるところは誰にでも頼る・・・お気楽ママになりました。

re_再CY

そんな子供達も早、中学2年生と小学4年生。
「女性が仕事を持つのは当たり前」と思ってくれてるので、将来希望の職業をそれぞれ思い描き奮闘しています。
長女はバトミントンで体力をつけつつ、勉強も頑張っています。
次女は「でんじろう先生」を目指し実験教室に通いながら、「なぜ?どうして?」を日々繰り返しています。
親バカですが『すごいやん!』と、娘達の頑張る姿を見ながら、私自身が励まされています。

今もし悩んでいることや困っていることがあるママさん、お気楽ママになっても大丈夫。
子供はちゃんと育ちますっ。二足の草鞋はしんどいですが頑張りましょう!!

育ママ情報

ママ
  • 名前:C.Y
  • 入社:2000年
  • 部署:業務課(支店)
  • 地域:滋賀県
子ども

今までにリレーブログをつないだ育ママの人数

154 人
育ママ
プロジェクトとは?

小さなお子様連れでもお部屋探しがしやすい店舗作りのために誕生した「育ママプロジェクト」。 部署を問わず、大東建託グループの育ママ社員の有志が、肩肘張らないホンネのミーティングを日々重ねています。
このブログは、仕事・家事・育児を両立する育ママにしか見えない視点を通じて、仕事やくらしに活かせるアイデアから「子ども連れの悩み」や「あるある」まで、育ママたちが自由に、楽しみながらリレー形式で綴ります。
ママさん目線からどんなアイデアやサービスが育ってくるでしょうか。ご期待ください。

スマートフォンからも
ブログをご覧いただけます!
QRコード